高校受験対策のコツは?効果的な勉強方法3選

高校受験対策のコツは?効果的な勉強方法3選

高校受験対策のコツは?効果的な勉強方法3選

 

 

「気が付いたら中学2年生!もう進路を考えていかなきゃいけない」というお子さん、多いかと思いますが、余裕の少ない高校受験を控えるお子さまへ受験勉強対策のコツをご紹介したいと思います。

 

 

◆計画を立てて勉強する

 

 

当たり前といえば当たり前のことと言われますが、実はこれを実践している方は少ないのが事実。

 

 

大人でも計画を立てずに行動する、行きあたりばったりタイプの方も多いですよね。

 

 

高校受験は、多くのお子さんにとって初めての大きな壁になり、その高校受験を効率良く進めていくには目標と計画に沿った勉強内容をあらかじめたてることが大切です。

 

 

まずは行きたい高校、第一希望となる高校を選びます。

 

 

選ぶ理由は「制服が可愛いから」「好きな先輩が通っているから」「家から一番近いから」と何でも構いませんが、お子さん自身が決定した高校であることが前提です。

 

 

大きな目標「〇〇高校へ入学」が定まったら、次は小さな目標をたてていきましょう。

 

 

中学校は年間イベントが多いので、カレンダーに沿って年間の学校行事を書き込んでいき、それを避けて学習目標をたてていきましょう。

 

 

例えば、5月には「理科の〇〇を覚える」といった感じに具体的な内容を設定することで、勉強に取り組みやすくなりますよ。

 

 

 

 

 

 

◆高校受験は親子でチャレンジする

 

 

「子供のことだから」と無関心な親御さんも少なくありませんが、高校受験は家庭学習と家庭環境が合格に影響します。

 

 

学校見学や進路の相談など、お子さんの意見を中心としながらも、親御さんは近くで寄り添いサポートするようにしましょう。

 

 

お子さんが悩んで行き詰まっているときには、そっとアドバイスしてあげることも大事ですよ。

 

 

特にお母さんにお願いですが、夜お子さんが起きて勉強しているときは、美味しい夜食を作ってあげてください。

 

 

勉強をしていると脳がフル回転し、心身共にクタクタになってしまい、さらに高校受験のプレッシャーからストレスも毎日感じているでしょう。

 

 

そんなときにお母さんの作ってくれた夜食を食べると、気持ちもホッとして「食べたらまた頑張ろう!」と気合いも入りますね。

 

 

 

 

高校受験対策には、次のような方法もあります。参考にしてみて下さいね。

 

 

高校受験の効率的な勉強の仕方やコツ

 

 

 

 

◆国語をマスターする

 

 

母語である国語なのに苦手…という子も多い科目のひとつ。

 

 

国語の点数がアップする方法は、基本的には読解力を身に着けることですが、今から本を読み始めるのでは遅すぎる!という子は過去問題を数多くこなし、問題に慣れることからスタートしてください。

 

 

5科目のうち国語をマスターすると書いたのは、全ての科目は母語である日本語で書かれているため、国語力というのは上げれば上げるほど他の科目にも良い影響をもたらします。

 

 

他の科目の問題文の読解力がアップすれば、点数アップにもつながりますね。

 

 

問題の傾向を知るメリットにもなりますので、たくさんの過去問題にチャレンジしましょう。

 

 

3つの高校受験の勉強のコツをご紹介しましたが、もっと具体的な方法やおすすめの参考書や問題集を知りたいという方は、『サクラサク高校受験勉強法』を読むことをおすすめします。

 

 

著者は家庭学習コンサルタント坂本七郎先生という方で、塾の講師や家庭教師などで5000人以上の学習指導をされてきた先生で、現在は株式会社ドリームエデュケーションを設立し、受験指導を続けておられます。

 

 

おすすめの参考書や問題集を紹介し、それらの使用スケジュール、具体的な勉強の方法が紹介されていますので、「何をどう勉強していいか分からない」といった子におすすめです。

 

 

こちらは家庭学習を大切にしていますので、ぜひ親子で読んでみてくださいね。

 

 

高校受験生必見の内申点の上げ方や、塾や家庭教師の効果的な活用法とはなど、知りたいことがQ&A でまとめられていますので参考になるでしょう。

 

 

サクラサク高校受験勉強法のプログラムをマスターするには、258時間の勉強量が必要だといわれていますが、高校受験勉強にはこれくらいの勉強が最低必要です。

 

 

具体的なプログラムのもとコツコツ積み重ねていくことで、春にはきっとサクラサク楽しい高校生活が待っていることでしょう。