【受験は要領!】高校受験の効果的なオススメ勉強法まとめ

もう手遅れ?高校受験の勉強はいつから取り組むべき?

【受験は要領!】高校受験の効果的なオススメ勉強法まとめ

 

 

中学生の子供をもつ親御さま必見!高校受験の勉強をいつから取り組むべき?という疑問にお答えします!

 

 

高校受験のための勉強をいつから取り組むべきかは、お子さまの学力やモチベーション、ご家庭の環境によって異なります。

 

 

入学したい高校について、ご家庭で話し合われていますか?

 

 

例えば、「自宅から近い高校に入学したい」「〇〇高校のサッカー部に入部したい」「できるだけレベルの高い高校受験を目指したい」「今の学力でいける高校を目指したい」など、お子さまの希望やご家庭の方針など話し合われてお互いの気持ちを共有することが大切です。

 

 

例えば、公立高校受験の試験範囲は中学1年生から中学3年生までで学んだ範囲の内容が浅く広く出題されます。

 

 

中学1年生から高校受験に向かって勉強していると、根を詰め過ぎて途中でダウンしてしまうこともありますので、早すぎる高校受験対策の勉強はおすすめしません。

 

 

また、中学3年生となりギリギリ高校受験勉強をし始めるのも、気持ちが焦るばかりで理解度が深まらないですのでやめましょう。

 

 

高校受験対策の勉強方法でおすすめの方法は、「こつこつ積み重ね勉強法」です。

 

 

毎日の予習・復習はもちろん、小テストや中間テスト、期末テストでしっかりと点数が取れるよう学習するということが大切です。

 

 

ひとつずつ学んだことを自分自身の中で消化、吸収し積み重ねていくことが着実に学習したことを理解する方法で、これをしていくことで特別苦手な教科をなくすことができますので、受験勉強をするときにスムーズに勉強することができるでしょう。

 

 

 

 

 

 

日々の学習に力を入れる理由はもうひとつ。

 

 

それは公立高校の場合ですと、高校受験での入試本番の点数と、通知表での内申点で合否が判断されますので、高校受験で有利になるためには日ごろのテストでも良い点をキープしておかなければいけません。

 

 

内申点は中学校生活を総合して点数を加味されますので、中間テスト、期末テストで良い点数を取ることだけでなく、不必要に休まない、遅刻はしない、積極的に学校生活に参加する、部活動に取り組むといった学校での生活態度も気を付けましょう。

 

 

また、学校生活外でのボランティア活動に取り組むこともプラスポイントとなります。

 

 

高校受験のために中学1年生から毎日の勉強をこつこつしましょうと書きましたが、ご家庭は勉強に取り組むことができる環境になっていますか?

 

 

保護者の役目として、お子さまが気持ちよく勉強することができる環境を整えてあげましょう。

 

 

大切なことはお子さま本人のやる気!

 

 

小さい内から「学ぶ」ということを習慣づけていれば、高校受験もスムーズに取り組むことができるでしょう。

 

 

それは頭ごなしに「勉強しなさい」「宿題しなさい」というのではなく、お子さまが興味をもったこと親子で取り組み学んでみる、昆虫採取などをしても「虫は嫌いだから」と拒否をせずに一緒に生体について学んでみることで、お子さま自身が学ぶことの楽しさを知り、知らないことや分からないことを自分から学びたいと思ってくれるようになるはずです。

 

 

もう小学生や、中学校にも入学したし遅いかな?とお思いの親御さま、まだまだ大丈夫です、今からでも習慣にしていきましょう。

 

 

 

【受験は要領!】高校受験の効果的なオススメ勉強法まとめ

 

 

 

このように高校受験の勉強方法は家庭学習が重要なのですが、家庭学習を充実させる方法として、家庭学習コンサルタントの坂本七郎先生が書いたサクラサク高校受験勉強法というものがあります。

 

 

家庭学習のコツや、いつから取り組むべき?という内容が分かりやすく丁寧で、おすすめの参考書や問題種も紹介されていますので、もっと勉強のやり方を知りたい方や勉強のやり方が分からないという方にもぴったりです。

 

 

効果がない場合、365日の返金保証もついていますので安心ですね。

 

 

お子さまとコミュニケーションをとりながら、この学習マニュアルで家庭学習を充実させ、高校受験のゴールを目指しませんか?

 

 

サクラサク高校受験勉強法について詳しく知りたい方は、レビューした記事がありますので見てくださいね。

 

 

サクラサク高校受験勉強法 内容レビュー